展示会 お疲れさまでした。

0
    人とくるまのテクノロジー展2017横浜:自動車技術展は盛況のうちに閉幕し, ハガタ屋ブースには沢山の方が訪問して頂き有難うございました。 自動車メーカー,ミッションメーカー,樹脂素材メーカー,高機能繊維メーカー,CFRP成形メーカー,内外装メーカー,鉄鋼メーカーさんなど自動車ならではの多彩な職種に渡り先進技術開発,先行技術開発,研究開発の方たちが多く 我社が提案する高機能繊維を使った軽量化樹脂歯車と全ての金属とカーボン繊維を使った次世代軽量化金属に注目をされているようでした。 燃費問題ではトヨタ自動車様のブースでご覧になったようにエンジンの2倍を超える大きさのバッテリーを積んでいる現状から1グラムでもとの... 車の軽量化も限度に近づきCFRPやアルミの多用が考えられますが価格がネックになる現実 でも おかしいでしょう・・・ エンジンとミッションはなぜ置いてけぼりになるのか? ですよ。 軽量化樹脂ギヤとCF軽量化金属の時代は必ず来ます。 (独り言)⇒ 新日鉄住金マテリアル社を訪問した時の話では鉄にカーボン繊維を50%入れると34%位軽くなると教えてくれた・・・ アルミは鉄に比べると三分の一とか... そのアルミにカーボン繊維を50%入れると・・・   (= ̄∇ ̄=) ニヤリ

    小間番号279

    0
      人とくるまのテクノロジー展2017横浜:自動車技術展5月24〜26日(小間番号279)に出展します。 当日はCFRPやアラミド繊維などの高強度繊維が打ち抜ける抜型刃物,ブロー成形品バリ取り3D刃物など... またアラミド繊維厚物シートを歯車形状に打ち抜き裁断した物,CFRP板,アルミ薄板などの裁断物, エアーバッグ生地を15枚積層してナイロン糸1本を残さないで切れる抜型刃物を展示します。 高耐久性と切れ味の抜型情報,プレス機製造について御社で抱える悩みについて詳しくは担当者にお聞きください。

      お知らせと お詫び

      0
        自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2017横浜(2017年5月24日(水)〜26日(金))開催まで一週間を切りましたが, 我社が当初展示する予定であつた高強度繊維厚物3Dシートを歯車形状に打ち抜く抜型刃物と金属&カーボン繊維を使い重量を30%以上軽くする軽量化シャフト(樹脂と他の物質を使って作ったシャフト構造物(例えばの模造品))の展示は取り止めにすることにしました。 理由は『概念が無かった』と昨年の2016年国際航空宇宙展(JA2016)で言われるほどに未来的なんでしょう... 現在 平歯車, はすば歯車(ヘリカルギヤ)抜型刃物についても複数本の特許出願,意匠登録出願 また軽量化シャフト(丸棒,板)についても同様の処置がとられており今後も我社から派生的に特許出願などが続くことが予想されるためです。 我社は抜型刃物製造メーカーであり現在のところは軽量化樹脂歯車,軽量化シャフト&軽量化板の製造をする予定はございませんので, 前記の事柄に興味をもたれ製造をしようとする場合には条件次第で特許取得後の貸与に応じます。

        展示会近し

        0
          今年の連休もいつもと同じように研究と試作と段取りをして終わりました。 5月24日からの『人とくるまのテクノロジー2017横浜』に出展する展示物の抜型刃物や, 自動車エンジンやミッションの軽量化提案目的で高強度繊維厚物3Dシートを歯車形状に打ち抜いた裁断物 アラミド繊維は厚さが10mm〜30mmまでPBO繊維&バサルト繊維は20mmとなっており歯車の大きさも3種類。 歯車の中心を貫く金属100%に代わる金属&カーボン繊維を使う軽量化シャフトの提案も行いますが,我社では金属を溶解することは不可能ですので樹脂と他の物質を使って作ったシャフト構造物(例えばの模造品)も展示いたします。 自動車の軽量化が叫ばれて外装,内装の軽量化は新しいモデルが出るたびにニュースになり販売のキャッチフレーズにもなる, その一方でトランスミッションの変速ギヤは4速から5速,6速,7速,10速へと増えており使われている歯車の数は増えて重たくなっているとか・・・ エンジンとトミッションは軽量化はやるにはやってるのでしょうが  なぜ積極的な軽量化に対してタブーなのか? ガソリンエンジンからモーターを使うEV車に代わって格段の軽量化が図られるのかと思ったらバッテリーが超重たいらしい。 1年前からあれや これやと考えてガソリンエンジンがモーターに代わっても変速機は無くならないのならミッションの軽量化をやるしかないと歯車に適した素材は何か? 含浸させる樹脂は何か? 試行錯誤を繰り返して これを抜く抜型刃物を作り上げ軽量化樹脂歯車を作る方法の一つとして昨年11月から各社に御提案を行い訪問した会社では各社で『将来は必ずこうなるだろうし案外普及は早まるのではないか』との言葉も頂いております。 提案する軽量化シャフトは展示会で初の顔出しとなっておりますが こうすれば色々な金属とカーボン繊維を使った軽量化金属が作れるのではないだろうか? もちろん切削性も可能 焼き入れが必要な金属は焼き入れも可能なのではないだろうかと個人的には思ってる。 http://www.hagataya.co.jp 2017年3月11日樹脂ギヤ素材裁断用抜型刃物は特許出願、意匠登録出願がさ...続きを見る≫≫

          日本銀行高松支店長さんの来社

          0

            日本銀行高松支店長さんの来社でした。彼は秘書もつけないで気軽にフラリとやって来ました。

            いやいや その方がこっちも気軽になんでも話ができるので好都合ではあります(*`艸´)ウシシシ

             

            まずは現在大手企業に提案している高強度繊維を歯車の形に打ち抜く抜型刃物...これには平歯車用とヘリカル歯車用があり既に我社から特許出願がされていること, この抜型刃物で3D構造アラミド繊維の厚物シートを打ち抜き樹脂を含侵させて焼き固めてから歯車仕上げ機で削ると軽量化された樹脂歯車が作れること。その他にも金属とカーボン繊維を融合させた軽量化機械工具鋼の話など, 未来の世界をリードする技術開発を日本の会社が進めたい話など... 我社は乗っ取り防止のために特許出願は個人名でしており そのために国の助成対象にはならないので考えてほしいとか色々と注文をさせて頂きました。

             

            支店長さん大いに関心を示され国や上に話を繋ぐとのことでした。 我社のことは日本銀行内では以前から話題になっているそうで高松支店に赴任したら必ず訪問する会社の一つだとか・・・ 有り難いことです(^^♪ 未来技術と変な叔父さんのいる我社への日銀さんからの御協力をお願いします。


            | 1/311PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << May 2017 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM