日本銀行高松支店長さんの来社

0

    日本銀行高松支店長さんの来社でした。彼は秘書もつけないで気軽にフラリとやって来ました。 いやいや その方がこっちも気軽になんでも話ができるので好都合ではあります(*`艸´)ウシシシ まずは現在大手企業に提案している高強度繊維を歯車の形に打ち抜く抜型刃物...これには平歯車用とヘリカル歯車用があり既に我社から特許出願がされていること, この抜型刃物で3D構造アラミド繊維の厚物シートを打ち抜き樹脂を含侵させて焼き固めてから歯車仕上げ機で削ると軽量化された樹脂歯車が作れること。その他にも金属とカーボン繊維を融合させた軽量化機械工具鋼の話など, 未来の世界をリードする技術開発を日本の会社が進めたい話など... 我社は乗っ取り防止のために特許出願は個人名でしており そのために国の助成対象にはならないので考えてほしいとか色々と注文をさせて頂きました, 支店長さん大いに関心を示され国や上に話を繋ぐとのことでした。 我社のことは日本銀行内では以前から話題になっているそうで高松支店に赴任したら必ず訪問する会社の一つだとか・・・ 有り難いことです(^^♪ 未来技術と変な叔父さんのいる我社への日銀さんからの御協力をお願いします。


    日本刀への疑問

    0

      日本刀は凄い物 日本刀は刃物の鏡 日本刀のような抜型刃物を作る... 叔父宅へ15歳で見習いに住み込んで以来耳にタコができるほど聞かされた言葉であるし, そんな叔父も日本刀への憧れがあったのか日本刀を購入し時々眺めていました。

      あれ以来50年近くの時間, 世間でも日本刀は素晴らしい刃物であると言われ,語られている中で過ごしたが本当に日本刀とは凄い物なのかと疑問を感じたのがアラミド繊維を数十枚重ねて糸の1本も残さずに打ち抜ける抜型刃物を開発した時でした。日本刀で数十枚のケブラー, ザイロン,ダイニーマ, ベクトランなどの高強度繊維を一気に切ることが出来るのか? 試してみたいものだ・・・ 

      日本刀の刃先の硬度はいくら位なんだろう??? と悩やみ 苦しんだ気持ちが先日の備前長船刀剣博物館で開催されたセミナーまでありました。
      大学教授さんの資料の中に日本刀の硬度を測ったものがありセミナーの質問時間に念を押して聞き直してみると,いくつかの古刀の破片(折れた日本刀と思われる)を計測し平均の数字だと言われましたからまず間違いはないと思います。

      これから推測する僕個人の意見を言わせて頂くと『現代では日本刀は見て楽しむ美術品であり物を切る道具ではない 切るとしても人間を切る道具であるから この程度でよい』ということ
      人間の皮膚や肉は切れ易い物質ですからね・・・ 包丁や日本刀,ナイフなどの製造を手掛けている方達は直刃を作っているのであり異形刃物は作れないと思われます。 

      結論 日本刀はハガタ屋が普段製造している刃物よりも硬度は低く 性能も低くアラミド繊維・CFRP薄板などは切れないことが分かりました。


      刀剣博物館セミナー

      0

        岡山県備前長船刀剣博物館で開催された日本材料学会塑性工学部門材料データベース研究分科会(鉄鋼)セミナーへの お誘いがありましたので参加して来ました。

        封筒用抜型の開発にあたり『切れ味』『靭性』について色々な書物を読み当たり各地の刃物生産地へ足を運び情報収集し刀剣展示会や即売会にも出かけたものですが,刀匠が現実に刀を打っているところを見るのは初めてでした。

         

        15歳から現在の仕事に就いて54年...鍛造抜型についての知識と経験,研究はよく知っていると思うし,10代の頃に叔父が鋳物屋を起業して吹きの日には手伝いに出かけていた経験もありますからキュポラ溶解・砂型についてもそれなりの知識はあります。 玉鋼を真っ赤に焼く炉は我社にも使ってはいませんがあります, 赤松炭を使っておれましたが我が社ではコークスを使います。

        日本刀の場合は焼いては叩いての折り返し鍛錬が火造りとなりますが我社では薄い鋼板を自在に曲げるのが火造り(*^-^*) でも 現在ではそんなことをやってては納期に間に合いません((´∀`*))ゲラゲラ

         

        鋼板をふいごで真っ赤に焼いて火箸で握り金床の上でハンマーで叩いて自在に曲げる『火造り』が出来きる人は日本にはもういなくなったのではないかと思います??? もしかしたら 僕が一番若いのかもしれませんね。

        参加者は大手の鉄鋼メーカーの人が多かったようですがホントの現場に日々立っている方はいなかったように思いますし, 講演者は大学の教授さん二人ですから解析などが本業のようですし...生きた現場の話が聞きたかった僕にしたらかなり残念でした。

        各種金属とカーボン繊維を融合し新しい軽量化複合材金属を作れないかと模索している自分とは相対する人たちだったのではないでしょうか, 現に少し その話をすると『それはやめてほしい』との言葉を頂戴しました(爆笑)

        そりゃあ そうでしょうね毎日 頭までドップリと金属学に浸かっている人にとっては飯が食えなくなると思うのが当然でしょうから。 似たような話が2か月ほど前に訪問した大手の会社でありましたよ(笑) 金属の歯車を作っている人たちに軽量化樹脂歯車を作りたいと話したら・・・否定する意見がドーーーーーッと返ってきて良とする意見は100%無しとのことでした(大笑)

         

        あのね... それでは現状から前には進めない 進もうとしていない日本人と言うことになりませんか??? おそらく他国では研究されていると思うし思わなくては明日の日本も明日の技術も無いわけだ, ある日 突然にアメリカなりヨーロッパのメーカーから そのような軽量化された鉄鋼製品なり軽量化樹脂ギヤが提示されたどうする???

        慌てふためく日本人と日本企業がいるってことですよ。 (*・・)σアナタの頭は若いのに硬過ぎる 脳梗塞の予兆が見られるぜ(大爆笑) 酒の飲み過ぎじゃぁー ⌒●~* ポイ!


        二人の師は逝く

        0
          今年になって2月と4月に相次いで二人の師が他界しました。  一人は中学校の担任教師だった鳥取県の岩井和夫先生 『なんの仕事をしてもいい 日本一になれ』と言われた先生で今年も正月には年賀状を頂いていました。 もう一人は現在の抜型刃物製造の基礎を教えてくれた叔父でもある香川県の武田守美氏,地場の手袋生地裁断用抜型でしたが腕の良い叔父で, 現在の株式会社ハガタ屋の高品質抜型は叔父の抜型の進化形であります。 15歳の時か54年間に渡り陰に日向にと励まされ背中を押してくれていた二人の師でした。 よりによって相次いで逝ってしまうとは... 一人歩きが出来ると突き放してくれたのかもわかりませんが なんとも後ろ髪を引かれる思いですね。 御冥福をお祈りします ありがとうございました。

          初夢か? バカ夢か?

          0
            鉄とカーボン繊維を融合させた『夢の軽量化金属』 と言ってもカーボン繊維を短く切って樹脂に混ぜ射出成形機を使ってCFRP成形品を作るような短繊維では丸棒に混ぜても強度が出ないと思う,やはり3メートルの丸棒や板にしても炭素繊維はその長さと同じにすべきだと思います。 かと言って樹脂歯車のシャフトに加工するには丸棒を切削加工する必要があるわけですが,切削により炭素繊維が切断されれば破壊に繋がるか強度が落ちるわけだ... そこで 思うには丸棒の中に入れる炭素繊維の入れ方が問題になる。 繊維の入れ方なんて幾らでも方法があり2次元であったり三次元にでも入れることはできるし,この繊維を切る事もなしにシャフトの切削ができるようにも出来る。 こんな夢のような軽量化された丸棒か作れたら・・・・・ 30万トンタンカーのプロペラシャフトに使うと... 護衛艦のシャフトに使い船体にも軽量化鋼鈑を使うと時速100キロ以上で水上が走れるかもしれない(大笑) 潜水艦に使ったら一段と音は静かになるけど沈まない潜水艦に??? (爆笑) でも火力発電所や蒸気タービンのシャフトにでも使ったら凄く効率が良くなりそうですね。 いやいや 何も鉄を捨てろと言ってるのではなくて,あらゆる金属と炭素繊維の融合を進め新しい素材による日本発の新しい産業革命を起こそうではないかと言う話だ(大爆笑) いやいや 夢だ 夢 それくらいバカげた夢を持たなくてどうする この閉塞感の増す衰退の中で(笑) まあ 安易に『ものつくり』を外に持ち出さないことだ アハハハハハハハハハハハッ!!!

            | 1/310PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM