メールを頂きました

0
    東証1部上場会社様から御丁寧なメールを頂きましたので御紹介をさせていただきます。 株式会社ハガタ屋  喜岡様 お世話になっております。 早速納品頂いたプレスと刃を使用して打ち抜いてみましたが、 大変に切れ味良く、打ち抜いた試験片もバネですぐに吐き出せるようになっているため使い勝手も良好です。 良い製品を購入させていただきありがとうございました。 使用してみて今のところ問題は全くございませんが、また何かあった際にはご相談させていただければ幸いです。 JIS K7128引裂き試験片抜き刃(アングル形)と予備刃,ハンドプレス機1台(押圧1t強)をセットで納品させて頂きました ありがとうございます。

    金は喰うわ 金にはならんわ

    0
      コロナ拡大の中にありながら仕事は暇ですが色々なことが有り過ぎる... 現在の金属歯車を将来は, 3D構造のアラミド繊維シートを使って軽量強化樹脂歯車を作る時に平歯車&ヘリカル歯車形状に高機能繊維を打ち抜く抜型刃物 この特許を国内と外国へ提出しておりましたら後から出したアメリカで特許査定が一回で決まりました!!! 国内では意匠登録はとっくに取得していますが特許は審査中 もうそろそろ... かな? 現在は試験片抜き刃で特許にトライ中ですし... また 違った業界向けに刃物を試作中... いくらでも案件は浮かんできます。   特許事務所の先生には『話を持って来る時には案ではなくて・・・製品を作って持って来る ただ かなり時代を先走りした案件だけに直ぐにお金には結びつかないが 必ず そのような時代は来る』と言われる。    資金投下しても金にはならないが これがまた楽しくて生き甲斐でもあるな。

      刃付けしないで切る

      0
        刃物と言えば切れるのが当たり前だが 世の中はおもしろいもので切れないけど切れる抜型刃物がある, このタイプの刃物? に出会ったのは57年も前のことで現物を見たことはなかったけれど額縁と言われていた手袋がありました。 手の形の抜型の内側に3mm巾で もう一個の刃付けをしていない抜型が入るが少し低くしていたと思う 俗にいう型押しだったと思います, なんでも仕上がった手袋はデザイン的に綺麗な物らしい。 57年も抜型を作っていたら色々な刃物? に出会いますが 殆どの場合は刃を付けていないものは切れない, 凸凹の金型は刃付けはされていないが物を切ることができる これは凸凹を組み合わせる運動時に加工精度の良い角で切れるわけで世の中では多く使われている。 もう 20年も前から何かあるかもと・・・ ある展示会を何度か見に出かけた業界がありダイレクトメール作戦を何度かやりましたが 結局は何もなかった   しかし  やっぱり 有りました!!! 問い合わせがありワクワクしながら訪問し できれば機械を見たいと思っていたら見学をさせて頂きました♪  なるほど....... こんな所に隠れていたのか 刃付けはされていないが切ることができる抜き刃  でも やはり切り難いらしい(大笑)

        試験片抜き刃 サンプル無料貸し出し

        0
          引張試験に於いて他社の抜き刃に比べ数値が高くバラツキが少ないと好評の試験片抜き刃のサンプル無料貸し出しを始めました 御社の各事業所.グループ会社さまに御案内をしてください。ultimate引張試験片打抜刃のサンプル貸し出しについて JISK6251-3 (ISO37-1A)、 JISK6251-5.JISK7127-5(ISO37-1)、 JISK7127-1B(ISO527-2-1B)の三種について無料貸し出しを始めました【 φ24.7ボス付き、素材吐き出しバネ付きフル装備品、抜き刃のみも有り, 貸し出し期間 7日以内、 返却費用自己負担、抜き刃破損の場合は買い取り、対象企業 大手企業から信用できる中小企業で購入予定のある会社様】(特許、意匠登録出願中につき 冷やかしお断り) コロナ後を見据えた ものつくりで製品の高品質と差別化を図るために是非とも御検討をお願いします。

          これが 包丁?

          0
            ゴムを扱っている会社さんではナイフとか包丁を使っているらしい なんでも新品の包丁を購入しても最初から切れなくて社員さんが砥いでいるんだとか... でも その都度切れたり切れなかったりで困っていると言われ現場で新品の包丁を見せてくれた, なるほど・・・ 木製の柄の部分に押された焼き印は包丁の町 堺市にある製造メーカーで名前は聞いたことがあります, 包丁全体の研磨具合と刃先の研磨具合を見ると・・・    『 あぁぁぁぁぁぁぁ これでは切れない 』 こんな仕事をしているのかと唖然としました 堺ではこんなことを  そんなことはないだろう 腕自慢料理の有名な板さんが買い付けにくると聞く あの包丁メーカーさんで??? これは安値特価で頼まれて作られたものですよね???  でなくては堺の刃物の信用が無くなります。 本日 届きました  じっくりと見ると どんな道具を何種類 どんなふうに使って研磨と刃付けをしたかが手に取るように分かります。 紙を切ってみる... なるほど切れるには切れるが この感触 この手に伝わる感触では切れるけど 刃付けが上手いとは言えないね。 滑らかなレールの上をいつ動き出したのか分からないほど滑るように進んでいく新幹線, この手に伝わる切れ味の感触はトロッコかな!!! 包丁やナイフ, 抜型などの切れ物は手間と経験と知識とセンスを持った人が取り組めば良い物が作れる 良い物か悪い物かの分水嶺は要は金と手間ってことになるし また センスの無い人が手掛けても良い物は作れない。 砥ぎ上がった包丁  一見 見た目には切れるかどうかは分からない... 同じ紙に刃先を当てて軽く引いてみる... 切れる! この感触 これだ これが1000分の1程度の刃先。 似たことがインコネルを使った刃物でも同じことを数年前に言われて時折 送られてくる使用済みの刃を再研磨していますが 砥いだ後 紙に当ててみると  この感触  なんとも言えない滑らかな感触  これが刃物を作る人間の真髄  (#▼∀▼) にゃぁぁぁぁぁぁぁ 〜  〜  〜 ♪

            | 1/348PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM