未来へ

0
    歯車用素材開発を お願いしている数社の1社から開発した新素材サンプル2種を送ったとの連絡を受けてワクワク♪(#^^#)♪ さあっ どんな物が届くのかと楽しみにしていました, おそらく国内では初めて出来上がった素材ではないかと思います。これからやってみますが何か怖いような...... (大笑) いやぁ どんなんだろうなぁ (*^▽^*) こっちの抜型がやられる可能性がないとも言えないからね 物が物だけに怖いんだよな〜 (開封)ゲッ!!!( ;一一)アラミド繊維の化け物とPBO繊維&バサルト繊維の混ぜ物....... バサルト こいつは玄武岩を溶融して作るとか言う奴だな。 まあっ SIC繊維だってチンチンに硬い物を溶かして作るんだから何も不思議ではない。 今や地球上の物質は全て糸にすることだって可能でしょう? (#^0^#) 今朝 一番でトライをしてみました。 結果はOK (#^^#)♪ ありえん・・・ いや 有り得る, このトライ物の2倍のケブラー繊維を抜いてるんだから不思議なことではないわけだ。 直ぐに写真を撮り素材メーカーに転送しました(^^)v 素材は 大手に見せて展開してもよいそうだ そりゃあそうでしょう素材メーカーは売れる事を望んでおられるんだから。 さて ギャ(歯車)の提案に訪問すべく... アハハハハハハハハハハハッ!!! なんと 自動車ミッションでは世界最大手のメーカーに部所が見当たらない!!! 同じグループの大手商社に探らせているのだが今の所 未来を見据えた部所が無いとは・・・(+o+) あまりにも常識な思考に浸かり過ぎてはいませんか? 会社組織も大き過ぎて探りに時間もかかってるようで... しかし現在当たった限りでは『あまりにも革新的過ぎて担当部所がない』らしいが いや何処かでやっているはずですよ あれだけの会社が やっていないことはないでしょう。  やっていないようでは先で倒産ですわ(大笑) 軽量化だハィブリッドだEVだと騒いでいる大元のトヨタ自動車は それで満足しているの??? 革新的・・・ そうかなぁ 自分的には そうは思わないけど一般から見たら そうなんだろうか? そう言えば10月の2016年国際航空宇宙展では米国ハネウェル社の方に『概念が無かった』とも言われたが...『これは おもしろい』とも言っていた。 6−7年前にCFRP板切断抜型刃物開発のため情報収集にJAXA調布研究所に出かけ工学博士に会い話をした時にも『貴方のやろうとしている事は非常識だ!』 と言われた, しかし 僕はそんなことはないと研究しトライし 現在は特許を2本取得した(爆笑)非常識が常識になったわけだ。 今回だって似たようなもんだ 10年先か20年先かは分からないけど必ず その時は来ると確信している。

    厚物縫製ができる会社を探しています

    0
      先日, ネットで検索して厚物が縫えると言う縫製会社数社に連絡を取ってみましたら厚物と言ってもジーンズ生地の縁を数枚に折りたたんで縫える せいぜい3−4ミリだと言われてガッカリしました。 縫製現場から言えば厚物と言うのでしょうが, これって厚物縫製と言える??? 僕の感覚では厚物といえば10ミリ以上ではないかと思うんだけど... しかし どの産業を見ても旧態依然としてる会社が多く見られ,これでは仕事は無いし 仕事があっても儲かるはずがない... 機械や設備関係にしても少しだけ進化しただけで基本構造はまったく変わっていないから途上国にやられるのが当たり前でしょう。画期的な発想から生まれた新製品を見ることは少ないです。 さて 縫製ですが1センチ以上ある厚物をミシンで縫うとしたらミシン針が素材に激しく突き刺さる過程で発生する摩擦熱により針の焼きが戻るらしい。焼きが戻ると言うことはクネッと曲がって突き刺さらないということだ(笑) そのために針の上下運動をゆっくりにして縫う 要するに送りもゆっくりとする... そう言えばゴルフバッグの縫製をやってたのを見たことがあるけど普通のミシンに比べると動きは遅かったように思いますね。と言うことは5センチ厚の素材は縫えないと??? 我社では『新産業の創造と製品開発のためにサンプル縫製』をしていただける会社を探しています,縫う素材はダイニーマ,PBO繊維,アラミド繊維,炭素繊維などの俗に言うスーパー繊維で2僉腺記僂棒兪悗靴晋さの物が縫えるところを探しています。 『縫製関係の方が見ておられるのなら意見を書き込むか御連絡をお願いします』

      高強度繊維と言うが.....

      0
        (19日分) 試作品、一作目 形状は同じですがサイズの違うタイプを3個作りトライしてみると思った結果は出ずに失敗でした。 やってみなければ分らない これが当たり前の技術開発に付きものですが気分の良いものではない(大笑)  しかし 失敗して考えてみるに・・・   そうだよね そんな簡単なものではないが構造が複雑になれば壊れやすく販売価格も高くなる。  夕ご飯を食べながら色々と考えてみたら次のアイディアが1時間後には纏まりました( ;∀;) 失敗してこそ分る次へのステップ。 (20日朝分) まさか・・・・・ そんなことがあるはずがないけど もしかしたら・・・ 朝食もそこそこに顔も洗わないで抜型刃物と資材を持って工場へ準備後にトライ開始.......... とりあえず100枚トライ,資材を替えて100枚トライ。 やはり 直感は的中でした!!!!! こうなったらメーカーさんに直接聞くしか方法がない。 抜型刃物開発をやってるのに大元へ遡って対処方法を考える必要が出てきましたが, 高強度繊維はある方法には強いが手を替えて挑むと世間で言われているほどスーパー繊維は強くないのかもしれませんね。 これは大変なことですね... 過信しない方がよいのかと(■皿■)ニヒヒ!!!

        高強度樹脂歯車試作の提案

        0
          パラ系・メタ系アラミド(ケブラー,トワロン,ノーメックス)繊維, PBO繊維(ザイロン),ダイニーマ(HDPE)繊維, SIC(チノン,ニカロン)繊維などの高強度繊維を使った超高強度肉厚歯車(ギャ)試作研究から量産への提案を我社は行っています。(2軸,3軸,4軸,5軸,6軸などの肉厚高強度繊維シートを歯車形状に打ち抜く抜型刃物の開発は我社で終わっており特許出願&意匠登録出願がなされております) 現在の金属歯車を多く組み合わせた自動車トランスミッションや(他の回転運動を伴う産業機械)は重く出力ロスと騒音の原因となっていますが高強度繊維を使った樹脂歯車に変換することで軽量化,騒音の低下,燃費向上が図れます。 EV車の場合...動力源は電気モーターになりますから極端に騒音は減り車体の軽量化が進んだ中で変速機の金属ギャの噛み合う音が異常に高いことが問題になるでしょう。 変速機だけが軽量化もしないで, そのまま金属の塊で騒音も減らさないで良いのか??? と言うことになります。 早急にトランスミッションの軽量化と騒音低減に取り組む,できれば歯車の中心となる金属のシャフトもカーボン繊維やバサルト繊維などを使った複合材軽量高強度シャフトに転換すべきと考えております, 車体各部の歯車や金属の棒を変えることにより50圓ら200圓侶變眠修睫瓦任呂覆い隼廚錣譴襦 既に大手自動車部品関係,航空機関係,素材関係各位様から興味を持たれ動きが見えます, 各社関係技術者の方は御一報頂きたいと思います。

          ジェトロ商談会

          0
            JETRO(日本貿易振興機構)2016年ものづくり分野輸出商談会,ジェトロ香川から商談会の話があり ものづくり分野の香川県内企業からの調達を希望するインド、インドネシア、ベトナムからのバイヤ−さんを案内したいとのことでした。 我社としてもなんとか東南アジア各国との高品質抜型刃物貿易はできないものかと数年来模索していましたので受け入れることにしています。 工場見学だけではなしに抜型の各種展示とアラミド繊維やCFRP板の打ち抜き裁断を体験して頂こうと考えております もう必要ないものと思って捨ててしまった抜型刃物各種,今夜はシャツの襟と婦人靴底の型紙作りをして明日から製作に取り掛かる段取をしました。 懐かしいです デパートで売っている浅草物の高級婦人靴, 7-8年前まで中底と呼ばれる硬い板紙部分を抜く抜型を大量に作っていました。爪先の丸いタイプ, 四角ばったタイプ, 魔法使いの婆さんが履くような尖ったヒールタイプ... 夏物あり冬物ありで量的にはサイズもあるから大量の仕事でしたが なんせ安い!!! 朝から夜は9時−10時まで残業しても売り上げは10万に届かない始末で材料費と人件費に喰われて赤字になる。いくら我社の仕事が良いと褒められても商売となったら話は別物ですよ。 バッサリと止めて正解でした(>_<)今は神戸市の長田区でやってるのかもしれませんね 我社よりも安い価格で(大笑) カッターシャツ襟と衿台にカウス, これは止めて15年ほどになりますか... 最盛期には市場の40パーセントは押さえていたと思われます, 海外に生産拠点は移り国内生産は数パーセントになってると思う。 鞄に手袋に帽子,スリッパ, アパレル身の回り品全般が国外へ出て幾度となく我社は大波に揉まれたわけだが,台湾へ韓国へ中国へ..... 現在は中国から雑貨品製造拠点が東南アジア地域へ移っているものと考えておりビジネスチャンスと思います。 昔 雑貨品が海外に出ようとした頃に抜型の直貿易をやろうと, 約40年前ジェトロ大阪に資料を探しに何度も通った・・・ その時の職員さんに教わったのが(雑貨は途上国へ回る)(外国でのビジネスはメールから)でした 40年の時を経てやっと手掛かりが, って この間は円高になり貿易は儲からないものと決め込んで国内市場で模索して生きていたんだが それもバブル崩壊やリーマンショックを乗り越えて(爆笑) 今 またジェトロですか・・・縁があったのかもしれませんね。

            | 1/307PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << December 2016 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM