安売り競争が会社を社会を潰す

0
    昨日も15年は経ていると思われるボロボロになった食品トレー(イチゴ用)抜型刃物が送られて来ました!!! もちろん他社で製造されたものですが... 水の中で焼き入れをしているものですから刃こぼれは当たり前なんだけど 抜型全体に小さく刃こぼれによる摩耗が進み溶接盛りの修理を施す部分も7ヵ所あります。 元が悪いから修理をしても中続きはしないと思いますが... うん また 直ぐに壊れる(大笑) 真空成型か圧空成形したトレーを10枚は重ねてプレス機で裁断しているのでしょうが3個取りですから1個部分はトレーにヒビが入って製品にはならないはずです, 1回のプレスで30個取れるところを10個は捨てている・・・ 失礼だけど食品トレーってゴミを作ってるんですよね  ゴミ 要するに安い製品を作ってるのに三分の一を捨てて利益が出るわけがない。 社長さん 工場長さんは何を考えているのでしょうか? 抜型刃物の価格が高いと??? いやいや・・・一日に何百 何千個と捨てている それも毎日のこと そっちの方がよっぽど大きな金額になっていると思います。 ハッキリと言いましょう 全国に少しだけ現存する抜型製造メーカーさんは何処も簡単に熱処理ができ反りが少なく出る水焼入れをされています,  残念ながら腕の良い職人は高齢化により退職し もう亡くなってる人が多いかな? 焼きかげんを見る目も反りを直す技術もヤスリやグラインダーを自由に使える腕を持ち合わせていない・・・ ある意味 悲しいことですが。 いつも言っているように 何故こうなったのかですよ『安売り』変な競争意識ばかり持って安売りをした 儲かりもしないのに給与や社会保険が払えますか? 事業を継続するには儲かる商売をするのは当たり前なんですけどね ようするにバカなんですよ 型屋は(爆笑)  いえいえ 型屋ばかりではありません。 封筒の抜型を安い価格で請け負うところが大阪にあり我社のユーザーを掻きまわしていますが まあ いつまで続くのか... 関西って昔からこうなんだよね どの業界も安い, 現在の関西圏や大阪経済の地盤沈下がここに起因していると分かっている人は少ないのではないのかね 2025大阪万博 さあ〜どこまで効果があるか建物が建って整備ができ会期が終わったら元の木阿弥ってところで意識改革は無いでしょうね 大阪は副首都にはなれないってことか。 無駄を省き効率を上げる意識改革が田舎の経営者・首長にはないようですね こんなことをしているとやがては企業も自治体も破産ですわ(爆笑)

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM