タッセル抜型などの小さい刃物

0
    ハガタ屋ホームページ上に小さい抜型刃物の写真二枚をアップしましたhttp://www.hagataya.co.jp/news/ タッセル抜型刃物でスリット刃間は3.5mm 先が三角に尖っているタイプで三角が長い!!! 三角に尖って左右の角度を揃えるのはなかなか難しい。 長方形の素材にスリットを入れるだけの物はナイフなりスリッター機を使うと比較的に簡単に作れ大半の物は先が四角になっています。 ネットで見ても繊維の糸を使ったものが大半で面白さに欠ける なんか安っぽいな(苦笑) 抜型を作れる人がいないということです。 この三角に尖った形のタッセルを手作業で1枚作ると時間はどれだけかかりますか? 抜型があればプレス機で一回打ち抜くだけです。 しかし... この抜型を作るには けっこうな時間がかかりますので高価格になりますから購入する会社さんはいないと思われます(爆笑) 現実にチマチマと手作業で素材を切ってタッセルを作っている人がいるとしたら・・・ 一枚の価格はどれくらいについているのでしょうか??? 革や合皮を裁断して靴,鞄,財布,スマホケース,帽子,手袋,衣料,お土産などの業界に販売すると 3000枚抜いたら・・・  5000 6000  8000枚抜けたら   いや こりゃあタッセル屋として商売になりますね!!! タッセル抜型以外に小さい刃物の写真 これも小さい... 苦労しましたが こっちは上場企業さんが即断で購入されました。 おそらく近日中に製品が某業界に投入されると思います。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM