これが我社の抜型の現実

0
    自動車用ゴム成形品を打ち抜く抜型刃物を納品したのが2014年4月20日,プレス機械製造をお願いした会社さんが5月には機械搬入をしているはずですから14か月は使っていることになります。 この間に1回の再研磨も無く修理も無く予備の刃物も無しに仕事をしていることになりますが... 何個打ち抜きをしたかは不明ですが自動車部品だからね〜 これって無茶苦茶コスト削減になってると思いませんか??? ある自動車にケブラー繊維(アラミド繊維)を使った部品が使われているのはあまり知られてはいないでしょう, 例の一般用鋏やナイフでは切れない繊維ですが専用鋏で切ったとしても同じ形状に同じ大きさに切るのは不可能です。 このケブラー繊維裁断用抜型を作ったのが σ(^^♪だょ まあ 2万枚前後はプレス裁断ができるし再研磨を繰り返しながら使える, たまに刃こぼれを起こして修理不能になることもあるけど(爆笑) でもね・・・ 切れない繊維が同サイズに2万枚前後だよ〜 これって無茶苦茶コスト削減と加工出来ない素材が加工できることで競争力アップと付加価値が上がってると思いますが どんなものでしょう。 『トムソン刃で対応できるか?』   有り得ないですね(^○^)あんな刃物ではケブラーに刃の筋目が付くだけですわ。

    21日特許出願(今年2本目)

    0
      昨日の21日は大安でしたので今年2本目のCFRP抜型刃物関係の特許出願を行いました。 もう 何本出てるのだろう・・・   どうなっているのか特許事務所に聞いてみる必要がありますね(・・;) 国の助成措置はありますが出願人が会社でなくてはダメらしく現在は全て個人名義にして全額支払っています。 どんな補助金や助成措置でも会社対象になってるんだよね... 零細企業なんて会社だと表を切ったところで所詮は代表者個人なんだよね, 銀行はそう見ている( 一一) ジロリ まあ なんとか無理したら支払いが出来てるんだし研究開発は俺がやってるんだもの個人の頭と身体じゃないか それなら特許なんて俺の物やないかい。

      蝉だってイナバゥアーをやる

      0
        台風の影響で風はあるんだけど蒸し暑くて(ヾ; ̄▽ ̄)ヾ暑い〜 仕事を終えて気になっていたこと... 庭の植木の周りに鉄棒を30cmほど叩き込んでは引き抜き化成肥料を流し込む作業120か所ほどやりました 『金木犀』や来春の『避寒桜』『染井吉野』『しだれ桜』『八重桜』などが元気に大きな花を沢山付けるように願って『紅白のしだれ梅』だけが暗くなって時間切れとなってしまった(>_<) その後 花壇やプランターの花に水やりと汗だくの大仕事 疲れた(-_-;)今夜は これで止めにしましたが桜の木の根元に無数の穴が開いています, これは蝉の幼虫が土中から這い出して木に登り脱皮したあとなんですよね キョロ(。。ヘ))..(・・?)...ヘ(;・・)ゝキョロロ   ヾ(∋▽∈)ゝ ギャハハハッ 見つけた〜♪ さっきいなかったのにもう桜の太い幹に二匹の蝉の幼虫が上っています。 見て来ました 1匹は殻から大きくイナバゥアーをやっており神秘的なブルーの羽が少し伸び出しています(^^)v 2時間もしたら殻に取り付いて羽も伸び朝日と共に飛び去ってしまうでしょう。 もう一匹は殻の身体をゆすっており背中にヒビが入っていました。 短い生涯を精一杯謳歌してほしいですね。

        視聴者の声

        0
          最近は出張し会社を訪問しても展示会へ出展しても日々の電話がかかって来てもよく言われるのが『今度はいつテレビに出るのか? あのテレビはおもしろかった』の言葉です。 ハァ??(ー’д`ー;)オレ俳優やないで・・・ ただの型屋のオヤジやで そういえば最後が平成23年9月11日(日)午後7時前より全国のテレビ朝日系で放送された『シルシルミシルサンデー』以来お呼びがかかってないな, かれこれ4年近くか。 しかし こればっかりはなぁ〜どうにもならんで┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・ それに最近は秘密保持契約書を交わして取引をする大手企業が増えてるし そういえばシルシルミシルサンデーの放送でも撮影はしてが本チャンではCFRP板やケブラー繊維の裁断映像はカットされてたんとちゃうか??? まあ 撮影の話があったら考えますわ( ̄∇ ̄)ニヤッ

          鳴門市からの来客

          0
            午後から鳴門市のガス販売業,中岸商店専務さんを中心とする二代目,三代目経営者さんたちの工場見学と雑談会がありました。 全国的に何処の地方でも急激な人口減少と高齢化が進んでいますので地域商売をしている会社さんでは今後10年  20年  30年後に自分たちの事業はどうなるのか??? また売り上げと収入はどうなるのかの不安があります。 どう考えて, どう経営し,  どう生き次世代に繋いで行くか... 難しい課題ではあるが避けては通れない問題です。 さりとて我社のような技術的な製品を作っていても30年前から産業の空洞化は徐々に進み生活雑貨品である衣料や身の回り品の殆どは海外生産品と化してしまいました。 幾度かの世界,国内経済の混乱に乗じて多くの会社が倒産し廃業し生き残った企業とて この先が安泰とは言えない中で我社はなんとかもがきながらも生きており厳しい新たな道をもたつきながらも進んでいる, 確か1年余り前には滋賀県竜王町の若手経営者さんたちが同じようなことで来社しましたし, それより前には岡山県美作地区の異業種交流会のメンバーさんたちも来られていました。 あの人たちは... どうしたかな??? しかし 残念なのは来社するのはいいけど・・・ 彼らたちは自分なりの『夢』や『計画を持っていない』人が多く,持っているなら公表し懸案に対して議論を戦わせる部分が共通して不足しているように思います。 4月に商社さんと来社された高知県の某会社社長さんの話でも将来人口減少による会社への打撃を心配されて新たな事業を模索しておられました。今日の人たちも『物』の販売業...彼達いわく 『自分たちは特別な技術を持っているわけではないから何をしていいのかも解らない』とか... (いやいや 特別な技術を持っていなくても多くの人たちの力を合わせれば大きな力になるんだよ)と話してあげました, 提案として鳴門海峡に於ける潮流発電所の建設,日本には各地に潮の流れの早い海峡が無数に存在します 今の時代軽くて錆びない特殊な素材や機械技術は多くありますし世界一と称賛された明石海峡大橋の海中に没する基礎技術など... できないわけがないでしょう。 津波や地震により破壊されたとしても, 福島原発のようにどうやって後始末をつけたらよいのかも解らないし廃棄物処理にも困るようなものに比べれば安全でもあるし再び作り直したっていいではないですか。 では どうやって潮流発電所を建設するのか??? それは『世論の声』と全国の個人や企業からの資金出資により達成し 発電所を観光として世界に公開し電気は売電により収入とし資金返済と配当となります。 皆が(;^^)σ『阿呆になり夢を語り輪を広げて世論に問う』 やりゃあ できる原発0は。

            | 1/1PAGES |

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2015 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM